泉のごとく!

ハヤテのごとく!の感想と瀬川泉ちゃんを陰から応援するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトーデーの心配をしなくてもいい僕は喜んで良いのか落ちこんだ方が良いのか…

第125話「自分で買うのはイヤだけどもらうと一番嬉しいものはなんですか?見つけにくいものですか?」

夢の中へ、夢の中へ行ってみたいと思いませんか?

こんにちは、瀬川クロです。
このブログのアクセスカウンターが1000を超えました。
世間一般から見てこれが凄い事なのか、「これだけの期間でやっと1000超えたのかよ」と言われてしまう程度の事なのかはわかりませんが、僕にとって、このブログにとっては大変嬉しい事です。
新着の情報を流している訳でもなく、イラストや根拠のある考察を載せてる訳でもないこの僕の独りよがりなブログを見てくれている人がこんなに居るのですから。

そりゃあ一日一回自分で見るだけでもカウンターは回りますし、時間さえかければ1000ぐらい回せるでしょう。
でも、定期的に見てくれる人達が居なければこの数に到達するのはまだまだだったと思います。

これからも「少しでもここを見てくれる人達が居る」ということに安心しつつ、そんな人達を裏切らない為にも感想だけは書いていこうと思います。マイペースに。



それでは少し長くなりましたが、手違いでこの記事を削除してしまったことを嘆きながら今週の感想へ行こうと思います。

欲望とは、人間なら少なからず持っているもの。
以前、素敵なシーンを築き上げた西沢さんもやはり人間です。好きな男の子からの心がこもったプレゼントが欲しいのです。

一方、男の子の方も悩んでいます。
いらないと言われたものの、いっぱいお世話になっているしお返しはしなくてはならないだろう…。
でも、何をプレゼントするべきなのか?
悩める執事はお嬢さまに相談してみたものの、マトモな答えは返ってはこない。
もっと頼れる人に相談しようとハヤテは学校へ。
ていうかナギ、月曜日は学校に行こうぜ。僕も頑張って行ってるんだから。



その頃、白皇学院では三学期の生徒総会を終えたヒナギクが美希やその他の女生徒にホワイトデーのお返しを渡してます。
特に違和感の無いシーンに感じますが、ホワイトデーは男の子が女の子にお返しをする日です。

そんなことを考えながら帰り道を歩いていると、ヒナはケーキ屋のウインドウで可愛いクッキーを見つけます。
クッキーを見つめていると、偶然ハヤテと遭遇。西沢さんへのお返しの相談をされちゃいます。

複雑な思いになりつつ、ヒナはさっきまで眺めていた「自分が貰えたら嬉しい」くらい可愛いクッキーを勧めます。
ヒナギクにお礼を言いつつ、颯爽と店に入っていくハヤテ。そんなハヤテの後姿を見つめながらまた複雑な表情になるヒナ。そして押し寄せる後悔。
それともあの時チョコをあげたりしてれば…私も……



お返しを手に入れたハヤテ。しかしどう渡せばいいのか?
緊張してきたハヤテ。その後ろの木の陰には偶然にも西沢さんが。
予行練習を試みるハヤテ。とりあえず声を掛けてみようと思う西沢さん。
ハヤテに向かって飛び出す西沢さん。そしてハヤテは振り返って「これを…受け取ってください!!」とクッキーを差し出します。偶然による奇跡は起きるのか―!?

20070430115827.jpg

マリアさーん!!
確かに偶然による奇跡ですけど。西沢さんのコケ方ナイスです。

よくわからないけど、笑顔でクッキーを受け取るマリアさん。
ハヤテも間違えたとは言えずにそのままマリアさんは屋敷へ帰ってしまいました。

絶対狙ってましたよマリアさん。心の中では
20070501182442.jpg

「 計 画 通 り 」
とか思ってますよ、絶対。なんて腹ぐ(ry
う、嘘ですよっ!!そんなこと思ってないですよ、マリアさん。

突然のハプニングに途方にくれるハヤテ。更に不運は続いてそのまま西沢さんとぱったり。
後に引けないハヤテは西沢さんと6時に公園で会う約束をして、続きは次号へ。
スポンサーサイト

11巻は手に入れた。アニメに泉ちゃんも出てきた。でも、何か大切な事を忘れている気がする…

第124話「スパ○ダーマンの日常は映画のように化け物と戦う事ではなく人命救助なように、執事の日常もこんなもの」

20070422175947.jpg

こんにちは。瀬川クロです。
今週は11巻を手に入れ、ハヤテの栞を眺めつつ一緒に買った絶望先生を読んで「師匠もアニメ化するんだなぁ~」なんて思ったり、
アニメを見ながら「泉ちゃんキター!!なかなか可愛い声じゃないですか」なんて思いつつ気付いたんですよ……

今週サンデー買ってねぇ!!!!

……素で忘れてました。○| ̄|_
かなりの大バカヤロウですよ、僕。




自分のアホさ加減に呆れながら、今週の感想へ。
今週から1話完結方式に戻り、新規の読者に向けて軽くこの漫画の説明が入ります。

この紹介によると、三千院家は練馬区の65%を占めるとも言われるそうです。白皇学院や鷺ノ宮家などと合わせたら練馬区の殆どが個人の私有地になる気がしますが、この作品はフィクションなので気にしないことにします。

そしてメインキャラであるナギ・マリアさん・ハヤテの紹介。
ところがマリアさんの部分。
20070422180126.jpg

なんか怖いです。背景黒いし、何か持ってるし。
も、もちろん、腹黒くないし見た目通り心優しいメイドさんですよっ!!



ホワイトデーの前日、お嬢さまはカキをご所望の様子。貝類じゃなくて木に成る方。
バレンタインのお返しにハヤテにプレゼントしたいそうです。そういう時はお菓子とかの方が良いのでは?
僕のツッコミを代弁するようにマリアさんがナギに言いますが、ナギが言うには「だからカキなの!!」だそうです。

話の一部を聞いたハヤテは、お嬢さまの為にカキを手に入れると宣言。
アニメ化のおかげか久しぶりに登場したタマから聞いた情報を元に、およそ10キロ先の川の上流にある伝説のカキの木を目指すことに。庭が10キロ以上あるのも驚きですが、川があるのもどうかと思います。



途中でサクと出会い、二人で庭(森?)の奥へと進んでいくと、そこには立派な実をつけたカキの木が。
いざ、カキを取ろうとする二人ですが、そのカキの木はなんと人面樹。さすがのサクもツッコミきれません。
結局戦闘になり、勝利したハヤテは見事カキを手に入れることができました。
ちなみに、今回サクがハヤテの事を「ハヤテ」と呼んでいましたが、バックステージによると特にエピソードは無く、前から「ハヤテ」と呼ぼうと思っていたので今回どさくさに紛れてそう呼んだそうです。



翌朝、朝食にカキが出てくるとナギは大喜び。
カキを一つフォークに刺すと
20070422180211.jpg

こんな事しちゃいました。
こうして僕はまた現実逃避の旅に出るのです。

これが三千院家の日常。
次回はもう一つのホワイトデー。誰と誰の話かはわかりますよね?



ハヤテと西沢さん…?ハヤテとマリアさん…?……どっち?…orz 【“11巻は手に入れた。アニメに泉ちゃんも出てきた。でも、何か大切な事を忘れている気がする…”の続きを読む】

我々ユカイ

第123話「いつか…信じて」

ナゾナゾみたいに地球儀を解き明かしても、どの国がどこにあるのかは把握できません。
地歴の選択は迷わず歴史を選びました、瀬川クロです。
学校が始まって早々に模試やら課題確認テストやらで憂鬱なスタートを切りました…orz



兎にも角にも、過ぎた事は忘れて今週の感想へ行きたいと思います。
最初は回想シーン。一枚の絵を見つめる幼い頃の伊澄とお墓の前で泣いているナギ。
描かれている絵は亜光速で飛ぶ宇宙船。母がちゃんと母の星にたどり着けるようにと、ナギから母への最後の贈り物。
「もう一度話ができたら…ちゃんと操縦方法を教えられるのに………謝れるのに…」
そう言って泣き続けるナギ。
そんなナギを見つめていた伊澄は静かに口を開く。
「もう一度…お母さんとお話がしたい?」

どうやら、ここで何かがあって、伊澄が今も後悔を引きずっているようです。



回想が終わり、場面は紫子さんのお墓の前へ。ナギも目を覚ましたようです。
今日は母の命日。下田に来たのはお墓参りの為。母はちょっとハヤテに似ているかも。
そんな話をナギから聞いたハヤテは、一つの疑問にぶつかります。

「て事はまさか…僕とお嬢さまは兄妹…?」
これは某掲示板などで話題になったハヤテとナギのひょっとして兄妹?説です。
しかし、ナギはそれをあっさり否定。ハヤテも自分の産みの親はまだ健在だからと納得。

しかし、何故お母さんのお墓が下田にあるのでしょうか?
その理由は、ナギの両親の新婚旅行が伊豆の温泉であり、二人の思い出の場所だからだそうです。

ナギのお父さんはナギが物心つく前に亡くなっていたので、病弱なお母さんがナギの全てだったそうです。
そんなお母さんと二人で、病気が治ったら一緒に下田の星空を見ようと約束をしたナギ。
しかし、一旦は退院できたのにすぐまた悪くなってしまい、一緒に下田に行くことができなくなってしまい、ナギから一方的にケンカをしたそうです。
その時お母さんは申し訳なさそうな顔をしていたけれども、その直後に亡くなったそうです…。

「仲直り…できたらよかったのに…」
そう言って表情が曇りだすナギ。
このまま暗い雰囲気にまっしぐら――とは行かず、サクがツッコミと共に登場。伊澄さんも一緒です。
気がつけばマリアさん、ヒナギクや西沢さんも集まっていました。
でもどうしてみんなここに?そんな事を考えていると

20070414185222.jpg

「まぁ、いいじゃないか!!」「人が集まってそこに桜があるのだから。」「もうお花見するしかないでしょー!!」
3人娘登場。泉ちゃんキター!!
泉ちゃんが絡むとやっぱり場が和みます。やっぱり泉ちゃんの笑顔の前には暗い雰囲気も吹き飛ぶしかないのです!
だから、美希ちゃんの体のラインのエロさや、美希ちゃんの手の位置にはあえてツッコミません。



20070414185318.jpg

みんな集まり歌えや踊れ、楽しいお花見です。
でも…

20070414185355.jpg

20070414185444.jpg

あんたら、何してんねん!!
泉ちゃん、いくらなんでも注ぎすぎじゃありませんか?伊澄さんも飲みすぎです。
ヒナさんの膝枕で寝ている美希ちゃんも、泉ちゃんに飲まされすぎて酔いつぶれたのでしょうか?

そんなお花見の様子を楽しそうに見つめるナギとハヤテ。ナギは少し寂しそうな顔をしながら言います。
私はさ、ばかみたいに金があって…買えない物なんてほとんどないと思うんだ。けど…どれだけ金を積んでも、母はもう戻ってこないって…わかっているから…
ナギは普段お金に困らない生活を送っていますが、お金では買えない大切な物がある…それを身をもって実感していたりするのです。
ナギは強情で時々お金に物を言わせますが、芯ではちゃんとそういうこともわかっています。
もっとも…そんな事もわかっていない奴が…どこかにいるかもしれないけど…
そのセリフの背景には、大きな紫子さんの肖像画を見つめながらハヤテに渡した飛行石を握り締める帝の姿が。

お金で買えない物がある。帝もわかってはいるけど、認めたくないのかも知れません。
あの飛行石には死者をもどうにかしてしまうような力があったりするのでしょうか?
さすがに死者を蘇らせることはできないと思いますが、伊澄がナギにやろうとしていたように、『お話をする事』―すなわち魂を呼ぶことができたりしちゃいそうです。
ただ、飛行石でも伊澄のやり方でも一筋縄ではいかず、成功はまだしてない…みたいな感じで。…それなら伊澄が飛行石を手にしたら成功しそうな気がしますけど。



さて、僕の妄想もここまでにしておいて、この旅行も今回でようやく終局を迎えました。
来週からはまた1話完結の話へ。話の展開も新たな局面を迎えるようです。
楽しみにしながら、僕はこれから本格的に始動し始める新学期に憂鬱になると思います…。



ちなみに、僕は大きな夢は大好きですよ♪

更新遅れ気味でスミマセン…。

第122話「ほしのこえ」

こんにちは。瀬川クロです。
次のサンデーが出る前に感想を書き終える事ができてほっとしています。
危うくまたサボってしまうところでした…。
僕は作文や感想文が苦手なので記事を書くのに人一倍時間が掛かるのに、今回は締め切りの迫った春休みの宿題を仕上げなくてはならなかったので、今回はこんなに遅れてしまったと言い訳をさせてくださいm(_ _)m
僕の自業自得ですけど…。



それでは今週の感想へ。
先週、宇宙船に乗り込んでみたら突然離陸を始めてしまい、地上に戻れなくなってしまったナギ。
この事態をいつものドタバタと違い、本当にマズい事が起こっているという感じを本能で感じるハヤテ。
しかし宇宙船はすでにマヤの羽根でも届かない高さまで上昇。
その時…
20070409185715.jpg

伊澄がハヤテの頬にキスを。そして、伊澄の神秘の力が復活。
どうやら、ハヤテの血を吸うことを拒んでいた伊澄でしたが、親友であるナギを
救うために出血していたハヤテの血を使って力を復活させたようです。



一方、宇宙船で泣き崩れるナギ。
けんかしたまま会えなくなるなんて…そんなの母だけで十分なのだ…だから、だから…
どうやらナギとお母さんはお母さんが亡くなる前に何かがあった様子です…。
僕がサボった先週、伊澄は初めてできた友達…すなわちナギがある一件以来笑わなくなったと言いました。
初期の頃もマリアさんが「あの子は人見知りが激しくて…感情をあまり表に出さない子なんですよ。」「久しぶりなんですよ…あんなに元気なのは…」とも言ってます。
たぶん、けんかしたままお母さんと別れてしまったことがナギの心に深い傷をつけてしまったのだと思います…。
だからハヤテと出会うまでは感情をあまり表に出さないようになったのだと思います。もう二度とお母さんの時と同じ思いはしたくなかったから…。

でも、今また同じことが起きようとしている…。
そう感じたナギはハヤテの名前を叫ぶ。すると…

「なんですかお嬢さま。」

聞きなれた声がした…
後ろを振り返るとハヤテの姿が。そして
20070409185756.jpg

ナギを抱きしめるハヤテ。
ハヤテもまた、大切な人の無事を確認して安堵した様子。
しかし…
20070409185812.jpg

…オイ。
何処を触ってるんだ何処を。ていうか、掴んでるよね?服も捲くり上がってるし。
嬉しいのはわかります。抱き合うのも良いでしょう。
でも、いくらなんでもそんな羨ましい…破廉恥な事をするのは良くないですよ、ハヤテ君!
お嬢さまもそんなそそる声を出すんじゃありません!



顔を真っ赤にしながらも我に返るナギ。宇宙船が飛んだ原因を調べにハヤテと共に操縦席へ。
操縦席に乗り込んでみると、そこには操縦桿を握りながらはしゃぐ雪路先生が。
どうして先生がここに?その理由はこの娘達が教えてくれました。

20070409185842.jpg

ヤッホーイ!!泉ちゃんのセミヌーd(ry
ミキちゃんもさりげなくブラチラ。
リサちんは恐らくはもうすでに…。首から上しか映ってないのが残念。
ところで、畑先生はどうしてもリサちんの私服姿を見せないつもりのようですね。彼女の私服姿が地味に気になります。

ちょっと話がそれましたが、雪路先生は「私は空を飛ぶ」と言って宇宙船へ乗り込んだそうです。
……真性のアホだ、こいつ。リサちん、君の発言は的を得ている。アホの極みですよ、この人は…。



舞台は宇宙船に戻り、ハヤテは先生に地上へ戻るよう説得します。
しかし、先生は全く聞く耳を持ちません。怪しく感じたハヤテは足下で転がってるかなりの量の酒瓶を発見。
ハヤテは必殺の一撃を先生にお見舞いし、諸悪の根源を断ち切りました。

しかし、ハヤテ達は宇宙船の動かし方がわからず、このままでは宇宙空間を彷徨うことに。
そこに
「うぃ。後はまかせて。」
そんな声と共にマヤが登場。しかしどうやって?
ハヤテが尋ねてみると、マヤの頭にはたんこぶが一つ。どうやらハヤテと同じ方法でやって来た様子。マヤ、ちょっと半泣き。
でも、マヤは無事に宇宙船を発見できて安心したようです。
マヤはナギとハヤテにお礼を言って微笑みます。

その時、突然周りの様子が変化。ハヤテは不思議な空間へ。
呼べば本当にどんな所にでも、来てくれるのね。
ハヤテの耳に、聞き覚えのない声が聴こえてくる…
あの子はわがまま自分勝手で、そのくせ寂しがり屋で泣き虫だけど…私はもう、あの子を見守る事しかできないから…
ハヤテは後ろを振り返ってみる…

20070409185909.jpg

ナギの事、よろしくお願いね。

ハヤテの見たもの…それは大人になったお嬢さま…?
そんな事を考えていると、ハヤテは目を覚ます。隣にはちゃんとナギも一緒。まだ寝ています。
なぜこんな所に?さっきの人は?辺りを見回すハヤテの目の前にお墓が。
ハヤテはそこに書かれている名前を読んでみる…
「ゆ…ゆかり…こ………さんぜんい…ん?」

長かったこの旅も、次回で終わりそうですね…。 【“更新遅れ気味でスミマセン…。”の続きを読む】

アニメが始まりましたね。

アニメ第1話「運命は、英語で言うとデスティニー」

こんにちは、瀬川クロです。
今週はサンデーの方の感想をサボってしまったので、アニメの方の感想をそれなりに書いていこうと思います。
まだ毎週書くとは決めていないのに、サブタイトルをでかでかと書いてしまいました。
初めに言うと、僕に技術が無いのでアニメの動画や画像はありません。スミマセン。



まずはOP。
OPは結構良い感じでした。
ナギからマリアへの誕生日プレゼント?が映っていたり、1話でナギが抜け出したと思われるパーティの描写が描かれていたりと、原作を読んでいる人もいろいろと考察できるような内容でした。
泉ちゃんも大きく映っていましたし。

屋敷をバックにした黒い3つのシルエットには、三千院の当主の「帝」と、本編でも度々名前がでてくるナギの前の執事「姫神」と思われる人物のシルエットがありました。
え?あと1つのシルエットは誰かって?…マリアさんです。
確かに、マリアさんはこの漫画において何か重要な鍵を握っているかもしれませんが、わざわざOPでこんなボスキャラみたいな映り方しなくても…。一応メインヒロインなんだし。



OPが終わると内容はほとんど漫画と変わりはありませんでした。
サブタイトル時の背景に立派な毛筆で書かれたサブタイトルが映っていて、もしやとは思いましたがやっぱり畑律子さんの書いた字でした。



そしてED。
EDはハヤテのごとく!に出てくる女の子達の可愛い寝顔&パジャマ姿。
みんな可愛いけど、やっぱり僕には泉ちゃんが一番ですよ。
泉ちゃんはミキちゃん・リサちんと3人で白皇の宿直室?で寝てました。あの…僕も一緒に(ry
泉ちゃんは寝ている間も元気いっぱいのようで、腕をいっぱいに広げて気持ち良さそうに大の字で寝てます。ミキちゃん、ちょっと迷惑そうな表情…

あの…なら僕が代わ(ry
大丈夫、僕べつに気にしな(ry
何度でも布団かけ直し(ry



……すみません。僕が人として危ないので、今回はここまでにしときます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。