泉のごとく!

ハヤテのごとく!の感想と瀬川泉ちゃんを陰から応援するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかなる日常はちょっとしたきっかけで激変します。困ったものです。

第131話「生きようとする意志は何よりも強いとどこかの流浪人も言ってたけど、なかなか…ね」

僕にも「目標とかいいから。もぉどうでもいいから。」と思いたくなる時があります。

こんにちは、瀬川クロです。
もうすぐWHFですね。幕張メッセでは畑先生のサイン会も行われます。

……遠いよ○| ̄|_

夏休みだったらまだ行けたかもしれないけど、開催日はちょうど期末テスト前。

……○| ̄|_

もし知人がここを見てたら一発で僕が誰かわかってしまうのであまり詳しく話せませんが、
実は僕、今は東海地方のとある場所に住んでいますが、2~3年程前まで幕張メッセに自転車で行けるような距離の場所に住んでたんですよね。
離れてみてわかりましたが、あそこは本当に良かった。電車に乗れば秋葉原とか色々行けましたし、地元の駅前にも数多くの種類のお店がありましたし。
気の合う友人もたくさんいましたし。
だから、春休みに友人の家に泊まりに行った時に「絶対にこっちの大学に進学して上京する!」と心に誓ったのですが、僕の行動時間が勉強に割かれる割合は極めて少ないんですよね…。自分でも不思議に思います。「何で目標があるのに努力しないのか」と。
僕にも『願望を実現する力』とは言いませんが、『願望を実現する為に努力する力』が宿らないかなぁ…。
結局は自分の意志の強さですけど。ハヤテやヒナを見習って勉強しなくては。



何かいつもに増して無駄話が長くなりましたが、今週の感想へ。
僕が上記の目標を掲げたのと時を同じくして、春休みにナギお嬢さまは大きな決意をします。

今日こそは…いや!!今日からは!!少しはきちんとした生活を送り、マジメな人間になろう!!

大きな決意を胸に、昼過ぎに起きたナギは部屋に寝間着を脱ぎ散らかしたまま部屋を飛び出します。

一方、規則正しい生活を送る執事は、同じく規則正しい生活を送るメイドさんに携帯電話を買ってくるよう言われます。前に強盗に壊されちゃいましたもんね。
その話を聞いたナギは、これは引きこもりを治す良い機会と考え、ハヤテに自分も新宿西口の大型電気店へ連れて行けと言い、二人で外出することに。



無事電気店へ着き、一通り見て回るナギとハヤテ。ここでお嬢さまは一般人とは大きくズレた金銭感覚を披露してくれます。Amazonでも値段を見ずに買い物するなんて…どんだけ金持ちなんですか。こんなツッコミも今更ですけど。

ハヤテが携帯を選んでいる間、一人で退屈したナギは一人で辺りを散策して迷子になります。
ハヤテの方が迷子になったと思い込むナギは、ハヤテを助けてやろうと勇んで迷子センターへ。
もちろん、普通の人間はナギの方が迷子だろうと思うので、放送でナギの名前と金髪ツインテールという特徴が流されちゃいます。ナギは顔を真っ赤にし、声を張り上げて反論しますが、そんな様子もバッチリ放送されてしまいまい、ハヤテはナギの居場所をすぐに把握することが出来ました。

結局、ハヤテが来るまで部屋で待たされることになったナギ。そこで知り合った5~6歳くらい(とてもそう見えませんがw)の子供3人組とカードゲームで対戦することに。
リーフファイトはよくわかりません。遊戯王とかならわかるのですがw

携帯を買い終えたハヤテが迎えに行くと、迷子センターには3人組から隊長と慕われ、鼻高々のナギの姿がありました。
まさにずっと隊長のターン!ですね。

こうして帰路につくナギとハヤテ。
ナギは「もっとこう…マジメに生きよう…明日からは…」と胸に思うのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayagoto.blog90.fc2.com/tb.php/24-91dd58ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!130話【生きようとする意志は何よりも強いとどこかの流浪人も言ってたけれど、なかなか…ね】畑健二郎

 三千院ナギの睡眠時間が猫科動物の如く拡大した。「朝か、私が起きるべきは朝か」 ナギたんが枕をかついだ。HIKIKOMORIの必勝形である。 太陽は東半身にひりひりと殺気を感じている。来るなら来い。来てみろ。我らが目覚ましスキルは貴様の抵抗を遥かに....

  • 2007/06/08(金) 18:54:18 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。